逆さ撮り・盗撮犯罪小説「パンティ・イーター」

同僚から国際線CAまで半年間で200人以上を逆さ撮りした撮り師の独白

17. 痴漢した女の尻と顔と撮る

法人営業課長、暁美の尻に惑わされ、すっかり尻フェチが再燃した俺は、いい尻をした女がいればどこであれ撮影をするようになった。スマートフォンは常に携帯し、良い尻を見つければすぐにアプリを起動して追いかける。盗撮に嵌ってしまうとこのような時期は誰にでもある。手当たり次第というやつだ。

 

朝晩の通勤、昼休み、休日、24時間女の尻のことを考え、追いかけていた。

この年に出会ったもう一つの印象的な尻の話をしよう。

 

11月も半ばになるというのに、まだコートの出番はない比較的温かい秋だった。仕事の後頻繁に立ち寄る池袋駅のホームにその女は立っていた。

 

午後8時過ぎ頃だった。階段から降りてホームに着いた俺は、すぐにその女に目を奪われた。長身で170センチ近くあるだろうか。やや茶色がかったボブの髪、上下ライトグレーのスーツに身を包んだ佇まいは帰宅する会社員もまだ多いホームの中でも目立っていた。脚も長く、タイトなパンツスーツは折り目もきちっとついており、バリバリと仕事をこなしているであろうことが想像できた。

 

何より目立っていたのは、大きいながらも長身の身体にはほどよいバランスの取れたヒップだった。タイトなパンツスーツの上、背面にはポケットや縫い目などの余計なものが一切なく、淡いピンストライプだけのシンプルなデザインで、尻の形がよくわかる。ジャケットも腰上までの丈に留まり、尻を隠す事はない。明らかにヒップを綺麗に見せるためにデザインされたスーツだった。

 

俺は、課長の暁美の白パンに目を奪われて以来、白パンツが最も好きなボトムスのスタイルだ。それと並ぶ程にこのライトグレーのパンツスーツというも大好物なのだ。中学生の時から都心まで電車通学していた俺は、働く大人の女への性の目覚めからスーツ姿の女に性的欲求を強く感じるようになっていた。ライトグレーに、ポケット無しのツルルツピタピタのタイトパンツスーツなど、もう何が何でもものにしなければ気が済まない。

 

すぐに愛用のアプリを立ち上げ、自然とした流れでその女の背後に立ち電車が来るのを待つ。手元のスマートフォンは、彼女の全身バックショットから徐々に尻にフォーカスする。近くで見ると、張りつめた感じが如実にわかる。

 

どうしてもローアングルからのショットも見たかった。ホームでしゃがみこんで撮る事は多少のリスクはあったが、欲望が勝り、靴ひもを結ぶようなつもりでその尻の後ろでしゃがみ込んで撮った。

 

間もなく15両編成の湘南新宿ラインが勢いよく3番線のプラットフォームに滑り込んでくる。遅めの帰宅ラッシュ時間に重なりちょうど都合の良い混み具合だった。女は車両の中程に進み、つり革を掴んで立ち位置を決めた。真後ろにつけるようにそそくさと絶好のポジションを狙い通りにゲットできた。ドアが締まり発車する。俺に撮っては最高の旅の始まりだった。

 

車内には走る電車が生み出すガタンガタンという雑音のみが響き、乗客は皆自分のスマホや本に目を落とし無言を貫いていた。その中で不届きな思いを抱き目の前の女を見つめている俺。電車が揺れるタイミングに乗じて、右手の親指と人差し指の付け根の辺りから徐々に女の尻に近づけてゆく。中学生の頃から満員電車で都心へ通学していた俺は、リスクの少ない触り方というのを身につけていた。自分では充分に触っている感触を楽しめるが、相手には意図的なのか偶然なのか判別のつかない加減が長年の経験からわかるのだった。

 

親指から人差し指、徐々に手の甲のまでがライトグレーのパンツスーツの尻に接触した。まず最初に感じられるスーツの生地感。ほぼ同時に弾力と柔らかさが伝わってくる。これぞ、尻の感触だ。パンツスーツがパンパンに膨らむほどボリュームのある尻も、触ってみれば柔らかく、手の甲が触れる分だけ尻を押す。

 

狙い通りに尻を触れた感触に、脳が幸せな波状のオーラを発し全身を包むような感覚だった。電車の揺れに合わせ、30秒ほどの間隔を空けながら俺の手が臀部に当たる。女は全く気にする素振りを表面上見せていない。手荷物でもカモフラージュしながら、ランダムに右の尻たぶ、左の尻たぶ、そして割れ目に当てるようにして右手の側面を断続的にパンツスーツの尻へと当てがう。5分に一度程の間隔で、電車の大きめの揺れに乗じて強く押し当てる。右手の甲いっぱいに尻の弾力が感じられ、揺れ返しに体勢を整えつつ右手に残る女の尻の極上の感触を噛み締めていた。

 

女の尻を触りながら頭の中にふとある思いが浮かんで来た。車内の周りを確認し、他の乗客の立っている方向や視線から判断しそれを実行した。片手を尻に近いポジションのまま残しつつ、もう片方の手でスマホのアプリを起動させる。そして、その触っている自分の手が当たっている尻の撮影を始めた。

 

尻に手が当たっている場面の写真や動画など、被害者や周りの乗客が証拠の為に撮るならばまだしも、痴漢している男本人がその様子を撮影するとは一般の乗客には思いも寄らない事だろう。

 

右手でつり革を掴んだまま俯いたままの女。疲れているのか、この状況に必死で耐えているのかわからないが、いずれにしても触ることでの反応はなく、思った通りの安全パイだった。何度手が尻に当たっても一度も振り返るような素振りは見せない。充分楽しませてもらった後、乗り換える乗客数の多いターミナル駅へと到着した。女はそこで下車する動きを見せたため、俺も真後ろのポジションをキープし、電車の扉が開き、下車する乗客が一斉に動き出すと最後の一押しと言わんばかりに、下車のどさくさにまぎれ可能な限り痴漢と騒がれないギリギリ範囲での最大の力で女の尻を手で押しながら扉の外へと向かう。

 

ライトグレーのパンツスーツの女は、下車後、階段を昇り、別のホームへと移動した後、乗車位置を決めると電車が車でベンチに座った。脚を組み、バッグから手鏡を取り出して着け睫毛かアイラインをチェックしている。

 

下車後もずっと俺は撮影を続け粘着していた。乗車前に池袋駅では背後からしか撮っていなかったため、ここで初めて正面から女の顔の撮影に成功した。やはりどんなにいい尻の写真が取れても顔が残っていなければ価値は半減、いや8割減ほどになってしまう間隔だ。何度も顔を合わせている会社の女ならばよいが、一期一会の女の場合、顔撮りは重要なポイントになる。尻を撮るのと同じくらい、綺麗に取れていなければ意味がない。

 

しばらくして、女の乗り換える路線の電車が到着した。女は待っている間秋風に晒され肌寒くなってきたのか、さっきまではしていなかったマフラーを巻いて立ち上がった。電車に乗込む後ろ姿までを撮影し、ここで解放した。

 

大好物のグレーのスーツに大きな尻でピタピタになったパンツスーツ。夜ながらも綺麗に撮影でき、直に触れ張りと柔らかさも確認。下車後には顔もばっちりと記録に残した。これが俺の楽しみ方のフルコースだ。この時撮影した尻が後に「あのサイト」の第1号作品となるのだった。

 

この後も環境さえ整えば、痴漢中の尻を「自撮り」するようになった。触っているシーンこそ取れなくとも、尻を触った女の顔を記録に残していくようになった。全てを残してはいないが、手元には少なくとも150以上の「被害者」が残っている。これらの記録もまた現在の俺のコレクションの一部である。

-------------------------------------------------------------------------

この小説はフィクションです。登場する人物、団体は現実とは一切関係ありません。

ご感想や尻、パンティに関する思いを語り合いたい方、更新時にメールでお知らせを受けたい方は、shiroringo19@gmail.comまでメッセージお待ちしています。