逆さ撮り・盗撮犯罪小説「パンティ・イーター」

同僚から国際線CAまで半年間で200人以上を逆さ撮りした撮り師の独白

12. 大人のスカートめくり(4) 

次々と成功するスカートめくりに調子に乗った俺にも一度ピンチを経験した。その日も別の街で捲ってきた帰りだった。地元も最寄り駅付近で好みの年頃の30代の女をターゲットにして尾行していた。黒の半袖のトップスに暗めのピンクのスカートを履いていた。標準的なレベルの容姿だったが、ターゲットとしてはそれくらいがいいものだ。

 

いつもの様にしかけるタイミングを待ちながら女の後を歩く。しばらく歩くと、集合住宅地へと入って行った。そこの一つの棟へ女が入りかける。一階の階段横には集合ポストが並ぶ。階段をあがりかけようとするその時、女のスカートに手をかけた。しかし、思ったよりタイトでなかなか捲りあがらない以前のように力任せに行こうとも思ったが、雰囲気からしてこれはまずい、という空気を読み取った。女が「痴漢!!!!!!」と叫び、走る俺を追いかけてきた。全力で走る。見る見るうちに距離が広がって行くが、女も必死のようだ。俺はたどり着いたパチンコ店へ咄嗟に入った。今思えば、これもまずい判断だった。店内で追いつめられれば致命的だ。

 

不自然に店内を足早に歩く姿に、自分でもまずいなと思いながらいると、ガラス越しに女が走ってくるのが見えた。さすがにその姿を見た時は胸から心臓が出てきそうな、締め付けられる思いになった。見つかれば終わりだ。かなりまずい状況になってしまった。しかし、女は俺が店内にいるとは思わなかったようだ。店内に入ってくることはなく、通り過ぎて行った。様子を伺いながら再び外へと出た。再度全力で走りながら、近くのスーパーを目指した。女に姿を見られないように祈りながらなんとかたどりついた。すぐさま店員にトイレはどこか聞き、足早に向かった。男子便所の個室に駆け込んだ。鼓動はまだ早いままだが、なんとかこれでほぼ逃げ切ったと少しの安堵感がじわじわとこみ上げてきた。20分ほど個室の中で時が経つのを待った。

 

いくつもの判断ミスがありながらも逃げ勝ちきったのは、若かりし日の走力のおかげだった。女がその後通報したか、逃げられた悔しさを抱きながら数日過ごしたかはわからないが、自分の天狗ぶりの反省もあり、この一件後、無茶な行動は慎むようになった。以前捲ったスーツの女で満足したこともある。潮時だった。捕まる奴はいつもやめられずにミスをして捕まるのだ。勝ち逃げこそが賢明だ。それにしても、スカートめくりはパンティ好きの俺にとってはレイプと同じだった。いや、レイプよりも興奮するかもしれない最高の快楽だった。

 

白昼、路上で女のスカートを強引に捲り上げる。パンティに狂った男の性欲の暴走は20名の被害者を出した後、人知れずに終結した。夕暮れの中、たっぷりの疲労感を味わいながら危機を切り抜けゆっくりと帰る俺の夏は、この年、少し早めに終わった。

 

この街の女たちもしばらくは安心して歩けるようになったのだ。

また俺が動くまでは。

 

ここまでがおれの20代の頃のやんちゃな経験だ。次からは30代になりプロの撮り師の裏の顔を持つようになるまでの話をさせてもらおう。なぜ一度は足を洗った俺が再び、そしてさらに深く盗撮に嵌って行ったのか。

11. 大人のスカートめくり(3)

この告白を綴るにあたって、おれは約10年ぶりにあの現場に来てみた。中型の商業施設の裏手にある住宅街。両側を塀に囲まれ、細めの通りを曲がった所で周囲の目はほとんど届かない場所だ。此処で俺はあの女に襲いかかった―

 

スカートめくりの感触に毒されてしまった俺は、その日も二駅電車で移動した街でターゲットとなる女を探し、タイミングを見計らってはスカートを捲り上げ、走った。麻薬のようにやめられない快感は、まず獲物を見つけた時の緊張感から始まる。ターゲットとなる女を見定めた際、都合の良い場所へいく事を心中祈りながら適度な距離を保ちながら後ろを歩く。捲る時のスカートの生地の感触、これがたまらない。捲った後も手に残る感触が、視界に捕らえたパンティの残像が幻ではなく現実の出来事であったことの証となって、逃げ切った後の充足感となるのだ。

 

その帰り、電車の中で良い女を見つけた。紺色のスーツに身を包んだキャリアウーマンだった。髪をアップにしてピンで留め、仕事の出来る女の雰囲気が漂う。バッグはルイヴィトン。気の強そうな佇まいと目つき、そして生意気そうな顔がより一層興味をそそる。スーツの割には短い丈のスカートから伸びる両脚は、薄い生地の黒パンストで包まれ妖艶な姿を晒していた。電車に揺られながら目の前の女を品定めし、「こいつがどんなパンティ履いてるか見てぇ〜」という欲望を高めていった。

 

一駅過ぎ、俺の降りる駅へ電車が到着すると、その女も下車する。「よっしゃぁ」と心の中でほくそ笑む。この女のスカートを捲ってパンティを見たい、そのドス黒い欲望で頭を支配され、穴が開く程女の後ろ姿を見つめながら自分の帰る方向とは反対側の出口へ向かった。

 

駅の階段を下り、駅前の小さなロータリーを回り込み駅前から続く通りを進んでゆく。ほどほどに人の往来はあるが、帰宅のピークとなる時間よりはまだ早い。女の後ろを何気なく歩く。女が赤信号で歩みを止めた際に後ろ姿をデジカメで写真に収めた。信号が青に変わると再び歩き出し、信号を渡った先には様々な店舗が道の両脇に軒を並べる商業施設へとたどり着いた。女が建物の中へ入って行く。それを見た時は、これから長時間買い物に付き合わなければならないかと日の沈む時間を心配した。しかし、女は一階の食料品売り場やドラッグストアを少し眺めただけで入った大通りとは反対の出入り口へとすぐに向かって行った。都合の良い女の動きにこれは上手くいくかもしれないという予感が働いた。

 

商業施設の裏側へ出ると、すぐに住宅街につながっていて、表通りとは打って変わって一気に人気の少ない、静けさが感じられる。女は50メートルほど真っ直ぐ進むと、右へ曲がった。両側は住宅や空き地の塀などが伸びており、人通りは全くなくなってきた。右手にある家から老夫婦の姿が見えたが、すぐに消えた。おれの視界には、先ほどから追い続けてきた女一人が歩いているだけとなった。息を潜め、女の歩く速度に合わせて徐々に距離を縮める。いよいよその時が近づいてきた。

 

女が細めの道を右に曲がると一時姿が見えなくなったが、カーブミラーにその姿が写っている事が確認できた。女の前に人はいない。その道ならばどちら側も他人の視界を遮る。ここだ。意を決したとき、下腹部のムラムラとしたものが沸騰するような高揚感と胸の高鳴りの速度が最高点に達した。

 

小走りになり、俺も右へ曲がると、女の姿が再び直視できた。興奮で我を忘れた状態になった俺は狂犬のように女の下半身のみに視点を定め一直線に向かって行く。女まであと1メートルほどに近づいたところで、女が気配に気づいた。

 

「あっ」と息を止めるような一瞬の間で既に俺は女のネイビーのスカートに超手をかけていた。女が抵抗し「何、何、何!?」と慌てて、泣きそうな情けない声を漏らす。体を回し、手を翳してなんとか防ごうとすするが、俺は力任せにスカートを捲り上げる。腰の辺りまで強引に引き上げると、パンスト越しに白いパンティが確認できた。そこで女を解放し、俺はいつものように走り去って逃げる。女は追ってこないし、罵声を上げることもなかった。恐怖と安堵、屈辱、拭いきれない不安感が女に刻まれた事だろう。電車内で見かけたいい女の無様な被害。生意気そうな外見と対照的な怖がった声。プライドの高さで人には言えずに心にしまい影をつくる。俺と女だけの秘密になる。それで俺は満足感を得る。

10. 大人のスカートめくり(2)

小学生までならスカートめくりはいたずらで済まされる。しかし、同じ事を大人の男がやれば犯罪となる。物理的には軽く捲れるスカートが、大人にはとても重い、開けてはいけないパンドラの箱だ。開けてしまえば逮捕のリスク、罪悪感、取り返しのつかないものが生まれる。しかし、だからこそ見たい。開けた箱の中には決して普通では見る事のない女のパンティが入っているのだ。性欲がみなぎる歳のこの感覚、その欲求は小学生の頃には抱けない。許されなくなってからの背徳感が、欲求を高まらせる。皮肉なもので俺が幼稚園〜小学生の頃、スカートめくりなど興味はなく、やっている男子から逃げてきた女子に助けを求められるくらいだったのだ。それが今、全く逆の立場になっている。

 

成功したスカートめくりの緊張感、手に残る生地の感触、視界に飛び込んでくるパンティ、被害者が漏らす悲鳴、成功後の達成感と疲労、そして性的快感。まさに麻薬だった。

 

二人目もまた女子高生を狙った同じようなシチュエーションだった。より幼い印象の眼鏡をかけた子を別の駐輪場でめくった。今度は「え? え?」と自分がされたことをわかっていても理解できないという感じだった。

 

そこから先の順番は覚えていないが、思い出した順にいくつか列記していこう。比較的家の近くの地域にて、会社帰りの会社員らしき女を自転車で尾行した。初夏でまだ周りは明るい。車がよく通る道の歩道をかなり長い距離着いて行った。ようやく住宅街へ入る道を曲がる。他に人は目に入らない。大通りをちょっと入ったところで自転車を留める。鍵はそのままにして、歩いて女を追う。女はさらに右へ曲がっていく。「ターゲット、ロックオン」俺の脳が判断した。小走りに、足音を極力立てないように女に急接近。女のスカートに手をかけ、両手で思いっきりガバッとめくり上げた。

 

「キャーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

 

同時にピンク色のパンティが腰辺りまで丸見えになった瞬間が脳裏に焼き付く。

 

ダッシュ、ダッシュ、自転車にたどり着きペダルを勢い良くこぐ。

 

あまりに大きな声で右耳が少しキーンとしていた。住宅街に響き渡る悲鳴を残してスカートめくり男はあっという間に姿を消した。

 

またまた成功した。パンティが見えるのは一瞬でも、パンチラとは異なる感触に益々ハマっていく。反応は大きくわけて、大声を上げるパターンとほとんど何も言えない、息を漏らすだけのパターンがある。8割ほどは何も言えないパターンだった。

 

帰宅途中の女子高生、ゆっくり歩くその後ろから駆け寄りスカートめくり。ピンクのパンティ。その時、走って逃げる俺の前に、別の女子高生が自転車に乗って前から来た。なんとなく一人目に捲った女子高生に似ていた。

 

別の女子高生。日がほとんど落ちかけた中でのめくり。「何やってんだよ!」とキレる。かまわずゆっくりと自転車に股がり去る。

 

捲ることに対しての緊張から徐々に慣れていくと、捲る前にターゲットの女の姿を写メに収めるようになった。まだ当時はスマートフォンではないため、静音アプリもない。シャッター音が聞こえない範囲で撮る。撮りながら捲る事も考えたが、当時のカメラ性能では後から見てヌけるほどのものが撮れるとは思えなかった。何より撮りながらでは、両手で思いっきり捲り上げる快感が半減してしまう。

 

行動範囲も家の近くで自転車を乗り回すだけでなく、電車で一駅、二駅離れた街まで広げた。南へ二駅のM駅へ。

 

またまた下校途中の女子高生。めくる。JKはパンチラ防止の黒い見せパンが多い。

 

買い物帰りの主婦。膝下10センチほどのロングスカート。両手に白いビニールの袋を下げて歩いている。マンションの敷地に入る前に、めくる。パンスト越しの水色のパンティ。驚いて買い物袋を落とす。

 

北へ一駅のO駅へ。なかなかタイミングのいい女が現れない。長時間待った後、女子大生らしき年頃の女。尾行して実家と思わしき家の敷地に続く小道へ。いざ、というその時、後ろを振り返り、恐怖に捕われ「キャー!イヤーッツ!」とまだ触られてもいないのに、叫ぶ。少し躊躇しながらも隙を伺うが、まるで口から火でも吹くかのように叫び声を何度も浴びせてくる。おしっこでも我慢しているかの様に小刻みに足踏みしながら唯一の武器で必死に自分の身を守ろうとしていた。このままでは大事になりそうだったので、去ることにした。そこまで恐怖させたのだからまぁ良い。

 

最寄り駅前。会社帰りのOLらしき女。スモーキーなピンク色のロングスカート。めくり上げる。言葉は無し。白いレースのパンティ。

 

ターゲットを見つけるまでとターゲットを見つけてからの尾行、そして捲ってからの逃走により歩行距離、走破距離はかなりのものになった。体力を使うが、やればやる分、成功のためのフィットネスを保てるという相乗効果もあった。

 

09. 大人のスカートめくり(1)

一人目は女子高生だった。

 

尻を触るのと同様に自転車で月曜日の街中を走り、ターゲットになりそうな女を物色する。今回は場所も重要なポイントだ。尻を触るのならば自転車に乗ったままできるが、これからやろうとしていることは自転車に乗ったままではできない。いや、正確にはできるが、そのままでは意味がないと言った方がよいだろうか。

 

最寄り駅付近で学校帰りの女子高生に目を付けた。黒髪で紺色の薄手のセーターをシャツの上に着ている。スカートはグレーと紺のチェック柄というごくありふれた制服に身を包んだ真面目そうな高校生だ。

 

駅から近くにある駐輪場に向かって歩いている。俺はターゲットとして決め、行き先を予測して決意を固めた。予測した通り、女子高生は駐輪場の中へ入って行く。

 

2階建ての屋根付き駐輪場の2階へ昇って行った。好都合だ。元々、駅前に人の少ない時間帯であり、この時間は1階の入り口のボックス内にも係員はいない。周囲からも駐輪場の中は見えにくい。中で何かあっても見た目ではわからない。

 

俺は自分の自転車を駐輪場の入り口付近に置き、階段を昇って行った。2階に着くと、右手前方に先ほどの女子高生が自分の自転車のカゴに鞄を入れたり鍵を開けたりしている。俺は自分の自転車が女子高生の自転車の近くにあるかのように堂々と近づいていった。女子高生は気にする素振りもない。

 

女子高生から1メートルを切る距離まで近づいた時、意を決して小走りになり、女子高生のすぐ背後に詰め寄る。息は止まっていたかもしれない。両手をスカートにかけ、一気にめくり上げた。スカートは簡単にめくりあがり、黒いパンツに包まれた尻と太腿が露になる。予期しない突然の出来事に女子高生は尻を引くようにして仰け反り、片手でスカートを抑えようと必死になる。

 

「いやっっ」

 

という小さな声を聞いて、俺はダッシュで階段を駆け下り、すぐ自転車に乗込んで走り去った。

08. 街中路上痴漢

痴漢や盗撮は冴えない非モテ男がやるものだと思っているかもしれない。しかし俺は違う。20代後半、俺は9歳、11歳年上の二人の人妻と関係を持ちSEXに明け暮れていた時期もあった。二人とも仕事の関わりで知り合った美人だった。一人目は元キャンギャルもやっていたスレンダーな二児のママ。半年ほど付き合った後は、元高校教師の主婦だった。昼休みに俺のために弁当を作って持ってくれるほど入れこんでくれた。弁当をいただいた後、車中でSEXをしてから職場に戻るということもあった。昼休み後の生徒は、俺がSEXしてきたばかりとは思いも寄らなかっただろう。子どもの生徒の母親や人妻の生徒に手を出していたと知ったら他の生徒はどう思っただろうか。

 

とにかく、背徳的なSEXに溺れていた。しかし、そんな時期であっても満たされない「別腹」があったのだ ー

 

デジカメで街行く女たちの尻を撮ることにも慣れてくると、20代の性欲は留まるところか俺を益々危険な狼にさせた。尻を、撮るのではなく、触りたい・・・。見知らぬ女たちの尻の感触を直接味わいたくなってしまったのだ。恋人の体とは違う。触ってはいけない尻だからこそ触りたい・・・

 

やり場のない悶々とした気持ちのまま自転車を走らせ街をぶらついた。夕方になり暗くなってくると、バスから降りて歩いている女に目がいった。バス停から離れるにつれ、降りた人々も行く手がばらけ、女は一人、住宅街へ歩いて行く。それを確認し、自転車をこぎ、女との距離を一定に保ちながらタイミングをうかがう。

 

女が歩みを進め人気のない辺にさしかかったところで、自転車で一気に距離を縮め、女の横につけブレーキをかけて止まり、自転車から降りながら尋ねた。

 

「すいません、◯○って何処らへんですか?」

 

適当にこの近くの町名を挙げる。

 

「◯○? 此処から・・・」

 

そう答え始めた瞬間、俺は素早く右手で女の左胸を掴んだ。

 

夕刻だったので顔もはっきりとは見えない中、(それは相手にとっても俺の顔をはっきり覚えさせないためでもあった)右手に感じられる柔らかい感触と、耳急に乳を掴まれた女の「あ、あ、あッツ!」っという漏れた驚きの声だけが知覚された。幸い、女の胸はなかなかの大きさであり、掴みごたえのある巨乳だった。

 

女がその声を漏らした頃には既に俺は自転車を手で押しながら駆け出していた。そして助走をつけきった頃、自転車に飛び乗り走り去った。全力でペダルをこぎあっという間に女とは距離が出来て逃げ切ったことを確信した。さすがに初めてのことであったので、この一回だけで心臓はバクバクし、体力も消耗した。

相手に感づかれないまま撮っていた頃と異なり、女に被害を直接認識させたことで一線を越えた自覚があった。しかし罪の意識よりも背徳感に高揚していた。

 

次はいよいよ尻を触りに出かけた。同じく自転車で街を走りながらターゲットを探す。その頃仕事は月曜日が休みだったため、仕事や学校帰りを狙う為に月曜日に活動をした。月曜日の午後3時頃、幼稚園の近くで自転車を押しながら歩いているママを見つけた。子どもを自転車の後ろに取り付けたチャイルドシートに座らせている。ブラウンのデニムに包まれた大きい尻がムチムチと左右交互に揺れる。ちょうど大通りから小道に入って1ブロック抜けて行こうとしていた。辺に人はいない。

 

ゆっくり目に自転車をこぎ、音をなるべくたてないようにして近づいて行く。女は子どもに何か話しかけながら歩いていてこちらの気配には気づかない。自転車で母子を追い越そうとするその瞬間、右手をパーに広げ、やや右側に体を傾ける。狙いは母親の尻。すれ違い様、母親の尻をゆっくりと触り、何事もなかったようにまた走り続ける。突然のことで声がでなかったのか、子どもがいるので大声を出さなかったのかはわからないが、とにかく母親の方も何事もなかったかのように声をあげずにいてくれた。デニムの粗くカサカサした感触と同時に、弾力のある尻肉の柔らかさを右手に残しながら次のターゲットを探しに行った。

 

こんな簡単に見知らぬ女の尻を触れた成功体験が自信となり、それからはどんどんと数を重ねていった。主婦から中学生まで街中の尻を触っていった。歩いている女から自転車で逃げるのは簡単なことであった。下校中の中学生女子3人組の一番道側を歩いていた一人を触った後、その事を友達二人に見られた恥ずかしさはどんなものだろうと想像する。1回だけ怒った主婦が追いかけてきたことがあったが、そこまでの反応を示したのは初めてだったので一瞬だけ焦りはしたが、実質的に危険が迫ることはなかった。

 

そして次はいよいよ、ずっと抱いてきた願望を実行する決意を固める。